「ヨーグルトメーカー」で、我が家もついにR-1デビュー

●ありがちな記事になるのだが・・・

随分前になってしまったが、昨年9月、増税前の駆け込み購入に乗っかり、ついに購入してしまった。
アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー(IYM‐014)だ。

f:id:rumraisinn:20200306222206j:plain

 

ヨーグルトを自作するにあたって重視したのは、とにもかくにも衛生面だ。子どもが口にするものには気を遣う。雑菌の混入は最少限に抑えたい。

ヨーグルトの作成方法はもちろん「取り扱い説明書」に記載されている。
しかし、どうすればより衛生的に作成することができるかを検討する。

ヨーグルトを作る乳酸菌は、グルコースを分解して「乳酸」を生成する。
ちなみに、乳酸発酵の反応式は下記の通りだ。

 

C6H12O6(グルコース)→2C3H6O3(乳酸)+47kcal

 

牛乳内に、この「乳酸」が作られ、牛乳のpHが酸性に傾いてくれば、雑菌は増殖しにくくなる。問題は、「乳酸」が作られるまでの時間をどうしのぐかだ。
そのために、何をするのかということなのだが、今回、調べつつ、下記のような方法をとった。


●可能な限り衛生的に作るために

①手をきれいに洗い、アルコール消毒する
これは、大前提だ。

②ヨーグルトを入れる前に、牛乳の温度を上げておく
「乳酸菌」が増殖しやすい温度に最初からしておくと、速やかに「乳酸」が作られ、雑菌の増殖を抑えられるはずだ。
電子レンジで未開封の牛乳パックをそのまま温める。
まずは40秒ほど加熱。電子レンジから取り出して振り、加熱むらをなくす。次いで、20秒加熱しては振るという作業を数回実施。
牛乳パックがほんのり温かくなったところで終了とした。
電子レンジを使って温めた方が、「ヨーグルトメーカー」で温めるよりもはるかに速く温められるのではないかと推察する。

③余計な器具を使わないために、ドリンクタイプを使用
通常のヨーグルトを種菌として使う場合、スプーンなどで容器から掻き出さなければならない。しかも、牛乳の中で、ヨーグルトが均一に混ざるよう、柄の長いマドラーなどで掻き回す必要がある。
こうした作業は、いくら加熱殺菌した器具を使っても雑菌混入のリスクがどうしても高まってしまう。
なので、ドリンクタイプのR-1を使用することにした。温めた牛乳パックの片側だけを、縁に手が触れないように注意して開封する。100mlの牛乳を他の容器に取り出した後、パックの口に触れないようドリンクタイプのR-1を全量注ぎ入れる。そして、口を清潔な指で挟んで振り混ぜた。

f:id:rumraisinn:20200306222632j:plain

 

私としては、①~③の方法で作成するのが、雑菌の混入及び増殖を抑える上で、ベターな方法だと思うが、もっとよい方法もあるかもしれない。

ただ、自分が食べるために作るなら、ここまでの手間はかけない。昔の人が、そこまで衛生的に作業したとは思えないからだ。以前、自分用にヨーグルトメーカーを使わずに自作したときには、もっと雑に作業したが、問題のない出来だった。

 

●お味は?

夜の9時半頃に「おまかせモード」でセットする。

f:id:rumraisinn:20200306222938j:plain

 

9時間後の朝6時半頃にタイマーがなって温めは終了した。
そのまま、冷蔵庫へ。
その日の夜、早速子どもたちといただく。

f:id:rumraisinn:20200306223306j:plainf:id:rumraisinn:20200306223448j:plain


気になるお味だが、初日はさほど酸っぱくもなく、まろやかだった。が、翌日になると少し酸味が増していた。
結局5日で食べきったが、その間、少しずつ酸味は強くなっていったように思う。
冷蔵庫内の低温下でも、「乳酸菌」は多少は発酵を続けるようだ。



●機能性は?

自作したR-1ヨーグルトだが・・・。

残念ながら、買ったものと同等の機能性は見込めないのではないかと思う。
菌には、それぞれに最適な培養条件があるはずで、ヨーグルトメーカーがR-1に最適な条件を作り出しているとは限らないし、使用する牛乳にしてもR-1に最適なものとは言えないはずだ。なので、機能性は買ってきたものより落ちてしまうに違いない。それでも、多少なりともEPS(多糖体)が生成されていると信じたいところだ。


●日持ちは?

気になるのが、日持ちだ。クリーンルームで作成したわけではないし、できたヨーグルトを牛乳パックから取り出す際に、スプーンを使うなどどうしても衛生的に作業できない。毎日味や匂いを確認しながら、5日で食べきることを目指した。


●自作すると、どれくらいお得なのか?

この辺りのスーパーでは、
ドリンクタイプのR-1(112ml)が135円。
1Lの牛乳が169円。実際に使用するのは900mlなので、152円。
なので、作成にかかる費用は、合計287円だ。
1012mlのR-1を購入するすると、単純計算で1,219円なので、自作した場合の方が932円お得ということになる。


●衛生面に配慮しながら、ヨーグルトを自作してみて

私は、夫が引くぐらい潔癖なようだ。自分でもきれい好きな方だとは思うが、夫からすれば病的なレベルらしい。

でも・・・、と思う。

肘までエタノールスプレーを擦り込んで、クリーンベンチに向かっていたこともあったいつぞやを思えば、今の私は随分「不衛生」に生きている。

基準をどこに置くかで、物の見方というのは随分変わる。「自分基準」を微調整しながら生きる。夫や周りがどう言おうが、私は私が信じることを頼りに生きていくのだ。

だが、何を信じるのか・・・。
これが、最近、結構難しい。。。

カメさん、さようなら。お世話になりました。

我が家には、「カメ」がいた。

それも2匹。

大きさは20cmほどか?

 

夫と結婚し、一緒に住むようになったある日、突然、バルコニーに「カメ」が出現していた。

1ヵ月も経っていない頃だったと記憶している。

 

「カメ」は、夫が結婚前から長らく飼っていた。

お店で買ったのではない。

その辺で、拾ったのだ。

出勤時、道路を歩いている「カメ」を見て、「危ない」と思ったらしい。

一体、どんな道を通れば「カメ」なんかに遭遇するのか?

謎すぎる。

が、とにもかくにも、夫は車を止めて、捕獲。

そのまま出勤したらしい。

会社のロッカーに入れていたらしいが、当然ながら、「カメ」は「ゴトゴト」音を立てるので、奇異の目で見られたとか。

まあ、そうなるだろう。

 

そして、その夫が愛してやまない「カメ」2匹だが・・・。

 

話が飛ぶ。

先日、双子兄、まひろが嘔吐した。

病院を受診すると、医師がおっしゃる。

「胃腸炎になる頻度が普通のお子さんの10倍以上です。原因もいつもよくわかりません。このままではいつか大変なことに・・・」

 

また、言われてしまった・・・。

手洗いをそんなに怠っているとは思わない。

なぜなのだろう?

 

続けて医師。

「イヌやネコは飼っておられませんよね?」

「はい」

「うーん・・・」

「あ、カメとヤドカリは飼っています」

「カメ?ヤドカリ?カメは原因になりうります。カメが原因だとは言いきれませんが、危険因子は排除してください」

「夫は、カメを愛しているんですけど・・・」

「わかります、わかります、家族ですから・・・。でも、危険因子はなくしてください」

 

というわけで、我が家の「カメさん」は、夫の実家へと出戻ることとなった。

一昨日、日曜のことだ。

 

子どもが生まれてからは、バルコニーから室内へと居を移していた「カメさん」。

我が家にとっての「カメさん」とは・・・。

 

まずは、まだまだもっと子どもが小さかった頃。あちこち歩き回られるのが嫌だった。何をするか、何を口に入れるかわからない。決まったスペースにいさせたかった。

なので、

「このお部屋から出ると、カメさんが、お尻を食べにくるよ!ジャンプしてガブッと噛みつかれるよ!こわいよ!」

と、「カメさん」を使わせていただいた。

 

今では子どもも少し大きくなり(年中児)、物静かな「カメさん」を恐れたりなどしなくなった。

仕方がないので、次の手を打った。

子どもがおもちゃを片付けなかったりしたときには取り上げるのだが、後で、まひろがどこに隠してあるのか探し回るようになった。

なので、

「おもちゃは、カメさんに預かってもらいました。甲羅の中にしまってくれています。ちゃんとするまで返してもらえません」

などと話す。

そうすると、まひろは、

「まひろは〜、最近、お片付けも頑張ってるしー、嫌いなお野菜も頑張って食べてるしー、カメさんに返してってお願いして」

などと言うようになった。

確かに、頑張っていると思われるときには、

「そうだね。わかった。カメさんとお話してみる」

と言って、取り上げたおもちゃを返してやることもあった。

 

その「カメさん」・・・。

いなくなってしまった。

それも、「救急車」と「消防車」を1台ずつ甲羅に入れたまま。

 

世話は夫が長期出張に行ったときでもなければ一切しなかったが、、、

いなくなったらいなくなったで、

さびしい。

さびしいなあ。

 

 

今朝6時、子どもを走らせてみる

「数字カード法」の取り組み方が誤っていたことが発覚した一昨日。

撃沈したが、なんとか気を取り直す。

 

澤口先生の「教育相談」を受けられたことは、とても恵まれていると言える。

「数字カード」もまたやればいいのだ。正しいやり方を知っている。それも幸せなことだ。

しかも、今取り組んでいる「こばと教材出版」さんの教材により、双子弟、まそらの集中力が向上すれば、前回よりも効果的に取り組めるかもしれない。

 

プラスの考えや言葉は、プラスを引き寄せる。

そう信じる。

 

そして、

「泣いたら何か変わるの?行動しなければ何も変わらないよ!」

子どもによく言うこの言葉。まさに今、自分に言うべきときなのだと思う。 

 

発達障害改善のための取り組みを、グレードアップさせていこうと気を引き締める。

しなければと思いながら、ほとんどできていないことがある。

それは、「走る」ことだ。

昨年6月だっただろうか。東大の研究グループが論文を発表している。

ざっくりと、

「人為的に自閉症にしたマウスに運動をさせたら、自閉症様行動が改善した」

というものだ。

 

運動・・・。

1日10分走るだけでも効果があるようだ。が、そうは言ってもなかなか取り組めないまま年は改まり、今日はもう3月だ。

 

やれることは全部やる!

そう決意し、今朝、まだ暗い6時すぎ、朝食を作る私を残し、双子と夫は外へと出かけて行った。

30分ほどして帰宅する。

なかなか、楽しかったようだ。

 

が、当然のことながら、食事が遅れる。

6時40分に食べ始め、9時になっても食べ終わらない。

8時半の時点で、遊びようのない「車」で食べさせたらと夫に提案。

用事があるので、子どもたちは、結局食べ終わらないまま(食べながら)、歯も磨かずに出かけることとなった。既に車に乗っているので、外出自体はある意味スムーズだったと言えるかもしれないが・・・。

 

朝に「走る」のは現実的ではない。

別の方策を考えなければならない。天気・天候に左右されずに、毎日「走る」には・・・。

頭が痛い。

 

昼食。

今日はお弁当だ。別にバナナつき。f:id:rumraisinn:20200301221855j:image

出先の車内で食べる。

車の中なので、双子たちは、ウロウロしたり、遊んだりすることはできない。

食べるのに要した時間は、わずか約30分。

朝夕食に2時間、3時間とかかっていることを思えば、信じられないレベルの速さだ。

環境作りがとにかく大切だ。