育児

年長児、最後の運動会のこと

先日、園生活最後の運動会が行われた。 我が家の双子は、年長さん。 弟まそらは、自閉症スペクトラム障害だ。 過去の運動会を振り返ってみる。 ●年少児の運動会(2018年) 年少児だった一昨年は、、、 2人とも、何ひとつまともにできた種目はなかった。 が、…

子どものお尻は、いつまで拭く?

今日も、「レシチン」は置いておき、簡単な記事をひとつ。 ●子どものうんちは、いつまで拭くのか問題 先日、双子兄、まひろ(年長児)が、珍しくうんちをせずに登園した。 帰宅して、確認。 「園で、うんち出た?」 「出たよ」 と、まひろ。 ふと、気になる…

「自閉症スペクトラム障害」は偽物か?

今日も異様に眠たい。 しばらく前から、「レシチン」の記事を書いているが、遅々として進まない。 なので、 今日は、気軽に書ける記事をひとつ。 昨日、入浴時。 双子弟、まそらの髪を洗っていたときのことだ。 「最近、お父さんに髪を切ってもらった?」 と…

子育て支援課の相談事業は・・・

昨年夏。 年中児を対象とした自治体主催の「子育て相談事業」があるとのことで、申し込んだ。 申し込んだことを忘れ去られているのだと思っていた今年7月、役所から電話があった。 既に1年が経過。 コロナが・・・、 言葉の先生や、保健師が園での様子を視…

「走る」4ヶ月目に突入 四つ葉のクローバーを見つけた

今日も眠い。 どうしてこんなに眠いのだろう。 3月、一念発起して、子どもたち(年長児)を走らせるようになった。 今日で4ヶ月目。 日焼けが本気で気になり始めたが、雨の日、体調不良の日以外は、毎日走らせている。 理由は、「自閉症改善」と「知能向上」…

双子兄に、「芸」を求めてみた

「おかあさーん、タマネギ、もう食べられない・・・」 昨日の夕食時、双子兄、まひろ(年長児)が訴えてきた。 実際のところ、昨日の野菜の量は充分で、まひろが残したいと言った量は全く問題にならない量だった。 就寝時刻も迫っており、ダラダラ時間をかけ…

登園自粛 もう、音を上げそうだ

自粛要請に伴い、園に行かせるのをやめること数日。 双子弟、まそらの異常行動が目立つ。 何? いつも以上の多動。 いつも以上の注意散漫。 常に興奮状態で、私が何を言っても、彼の耳には届かない。 意思疎通ができない。 部屋を破壊しそうな勢いで活動する…

朝、夫にいなくなってもらったら・・・

我が家の子どもたちは・・・、 遅い。 とにかく、 遅い。 毎朝毎朝、とにかく、だらだらしている。 そして、夫はというと、 ダラダラ、だらだら、ダラダラ、だらだら・・・ うとうと、ウトウト、うとうと、ウトウト・・・ 私はというと、ひたすら、 いらいら…

就学まで後1年となった今、重視すること

ついに、この4月、我が家の双子たちは年長さんになってしまった。 入園してもう2年が過ぎ、今や3年目だ。 長いような、あっという間だったような・・・。 そして、嫌でも見えてくる就学。 双子弟、まそら(自閉症スペクトラム障害)をどうにか伸ばしていかな…

双子の「アイドル好き」とか、「ピアノ曲」とか

我が家の双子(年中児)は、とある女性アイドルグループが大好きだ。 以前は、ドライブ時に、夫の車のカーナビ画面で見るくらいだったのが、今では私の車にまで進出してきた。 好きになり始めた頃は、ろくに歌うこともできなかったが、もう2年ほどが経過した…

今朝6時、子どもを走らせてみる

「数字カード法」の取り組み方が誤っていたことが発覚した一昨日。 撃沈したが、なんとか気を取り直す。 澤口先生の「教育相談」を受けられたことは、とても恵まれていると言える。 「数字カード」もまたやればいいのだ。正しいやり方を知っている。それも幸…

双子に、「免疫細胞」のこととか、「薬」のこととか・・・

先週木曜から、双子たち(年中児)の病院通いが続く。 今日は、点滴をせずに済み、早く帰宅することができて、随分楽に感じた。 双子たちは、このところ、体調不良につき、昼寝をやたらする。当然だが、夜寝なくて困る。 「寝なさい。食べもせず、飲みもせず…

育児中のストレスを整理する

毎日とにかくストレスフルだ。 自分自身のケアにも目を向けないと、そろそろ崩壊し始めるのでは? そんなことを思うようになった。 例えば、先週、あまりにも双子たちの食事が遅く、その他のことも遅く、そしてそのまま出かけるのが遅くなってしまったある日…

鉄製のフライパンを買って、家でピアノの練習をさせはじめ、その他とりとめのないこと

●今朝のこと 今朝、双子弟、まそら(年中児)が言う。 「僕はお母さんと、結婚する」 こんなに毎日私から叱られているのに・・・と思っていると、双子兄、まひろが言う。 「お母さんはお父さんと結婚してるよ。だから、まそらはまひろと結婚しよう。お母さん…

先週の双子の病気と、初めての買い物

先週日曜、我が家の双子たちは熱を出した。病院の検査では、インフルエンザはマイナスだったが、双子兄、まひろは連日39℃を超える熱を出した。 病院では、「抗生物質」が処方される。近頃、こんな小さな子(年中児)に、この程度の症状で「抗生物質」が必要…

子どもの発達障害改善のために、家庭で取り組んでいること

子どもの発達障害が明らかになってから、書籍を読んだり、病院を受診したりと、情報を得たり、助言を頂いたりすることが増えた。きっと多くの保護者の方も同じなのではないかと思う。 医療機関などから頂くアドバイスの数々は、子どもの特性に合わせてのもの…

不調な私と周辺状況④「双子よ、夜中に色々やらかしすぎじゃないですか?」

8月半ばから体調が悪い。気力も低下しており、何かにつけ辛く感じる。 義父は入院し、実父は怪我をし、双子たちは病気ばかりする。 せめて、夜はしっかり寝たいと思うのだが、なかなか熟睡するのは難しいのが現状だ。 今回は、「不調な私と周辺状況④」という…

双子と外食に出かけるときは・・・

双子たちが生まれたばかりの頃のことだ。 私は、育児で家にこもりっぱなし。身体は疲れ果て、何の楽しみもなかった。 私には、育児は修行か何かのように、ただただ苦しく、ハードなものだった。子どもがかわいいとか、そんなことを思うようなレベルでは全く…

「子どもたちに、怒鳴らない」を課す

毎日、毎日、ただひたすらにイライラする。大抵のことが、思い通りにはいかない。 毎日、毎日、声を荒げて子どもたちに怒鳴る。ときに、手をあげたくなることも正直ある。 しかし、このところ、私に怒られた双子弟、まそらの表情が、なんだか気になるように…

水鉄砲を捨てたい・・・

小さなことだとは思いつつ、このところどうにも思考から削除できないことがある。 「水鉄砲」だ。 いきなりだが、話は逸れる。 もう随分昔のことだ。かつて、仕事ですっかり行き詰まってしまっていたとき、「人生の大先輩」が、D・カーネギーの『道は開ける…

セミの抜け殻を捨てたい・・・

夏の終わりの双子母のぼやきだ。 夫の夏季休暇中に出かけた先で、双子たちは大量に「セミの抜け殻」をゲットした。 昨年は怖がって触ることもできなかった「抜け殻」。今年は大胆に集める。すぐに彼らの両手に収まりきらないほどの量となった。 そのうちのい…

初めて、「迷子アナウンス」のお世話になる

4歳の双子を連れて出かける際、トイレや、食事など、気にかけなければならないことは結構ある。中でも、特に我が家が懸念するのは、「安全性」だ。じっとしていることができず、すぐにどこかへ走って行ってしまう子どもたち。必然的に「リスク」を極力冒さな…

お盆に思ったこと 〜幸せの足音〜

お盆。 お墓参りをし、「時間」というものに思いを馳せる。 生まれて、死んで、生まれて、死んで、生まれて、死んで・・・。 果てしないほどの昔から、命が繋がれて、今、私が存在している。 そして、私も子を産み、やがて息絶える。 私の子どもたちも、子を…

双子たちよ、「オレ」って、何ですか?

園に通うようになると、どうしても「汚い言葉」をおぼえてくる。 特に、双子兄、まひろが色々と吸収して帰ってくるのだ。 ●双子兄、まひろが「オレ」と言う 近頃、双子兄、まひろが、自分のことを「オレ」と言うようになった。都度つど、注意をしても、なか…

子どもの膝に「人面相」が・・・

今、我が家は「人面相」が静かな?ブームとなっている。 ●子どもの膝に「人面相」が出現 子どもが、自分の膝のお肉をつまんで遊んでいたのを、夫が「人面相」だと言ったことに端を発する。 夫は、子どもたちに、なんとも適当なことを言っている。 「人面相は…

「チーズケーキ」を焼く 子どもたちへの「ご褒美」としての効果は?

今日、チーズケーキを2ホール焼いた。 1つ目は、焼いている途中、なぜかいつものようには膨らまなかった。しかし、見た目は恥ずかしながら、今までで最高の出来栄えだ。 味は?と思いながらも、ウィスキーを加えていたので、膨らまなかった旨をお伝えした上…

「絵本」の読み聞かせを始めた

今まで、「絵本」というのは、読んでやらなければと思いつつも、思うだけで、なかなかルーチンにはできずにいた。 朝も、園からの帰宅後も、とにかくバタバタしている。どこかに組み込もうにも、どうにもうまくいかない。 しかし、諸所の事情により、そんな…

食事を「ご褒美制」にしてみた

我が家には4歳になる双子がいる。 双子弟、まそらはとにかく食べるのが遅い。乳児の頃から遅い。 朝食は、大体1時間50分。夕食は1時間半程度かかる。 双子兄、まひろは、そんなに遅くなかったのに、このところ、まそらにひきずられるようにして、食べるのに…

ピアノの体験レッスンに行く

我が家の4歳になる双子たちに、急遽、ピアノを習わせようということになった。 習わせたいというのは、冬くらいから、なんとなく頭の隅にはあったのだが、決めかねているうちに季節は移ろい、今や夏になってしまった。 個人の教室は評判がまったくわからない…

小さなことが嬉しい。双子弟、まそらに、「水筒」を買う。

暑さが加速度的に厳しくなっていくこの頃。我が家の双子たちは5月頃より、「水筒」を使うようになった。 双子弟、まそらが言う。 「まそら君は、まひろとおんなじのがいい。重くて、カバーのあるのがいいんだ。」 ●昨年の初夏のこと 昨年の初夏、園より、「…