澤口俊之先生の「教育相談」

「数字カード法(澤口式育脳法)」再チャレンジ、柏餅は食べられず

昨年、11月から取り組んでいた澤口式育脳法の「数字カード法」。 2月に終えたのだが、やり方を誤っていたことが後に発覚。 しばらく期間を置いて、今日から再チャレンジだ。 まひろが独自に編み出した数字の覚え方は、今回やってはいけないと、事前に2人には…

「数字カード法(澤口式育脳法)」奇跡の4日間を考える

双子弟、まそら(年中児、自閉症スペクトラム障害)が3ヵ月間取り組んだ澤口先生の「数字カード法」。取り組みを終えて、やれやれと思っていたら、やり方を誤っていたことが発覚した。が、まそらが、懸命に頭を使ったことには変わりなく、やり方が誤っていた…

今日の衝撃。「数字カード法」の取り組み方が誤っていた。

今日、タイトルの通り、「数字カード法(澤口式育脳法)」の取り組み方が、誤っていたことが発覚した。 かなり、狼狽している。 あの苦しい日々が全く無駄であったこと。 期間をおいて、またチャレンジする必要があること。 ただただ、呆然とし、がっくりす…

「数字カード法(澤口式育脳法)」の取り組みについて

我が家の双子弟、まそら(年中児、自閉症スペクトラム障害)は、2019年6月に「人間性脳科学研究所」の所長であられる澤口俊之先生の「教育相談」を受けた。その際、澤口先生からは、たくさんの貴重なアドバイスをいただいたが、それらの中で最も重要だろうと…

「神経衰弱」に見る「数字カード法」の効果

2月4日、双子たち(年中児)が3ヵ月間取り組んできた澤口式育脳法の「数字カード法」が終わった。 目に見える形として実感できる効果は、日常生活においては特には見られない。 が、「数字カード法」終了の翌日、2月5日のことだ。 「数字カード法」ほどでは…

数字カード法(澤口式育脳法)、終わる

長かった〜。 図らずも立春の今日、11月から3ヵ月間続けてきた澤口式育脳法の「数字カード法」の取り組みが終わった。 親子共々、かなりストレスを感じる取り組みだった。できるようにならなければというプレッシャーもすごかった。 この「数字カード法」。 …

「澤口式育脳法(数字カード法)」の事前準備として、「数」と「数字」の習得に取り組む①

我が家には、4歳の双子がいる。双子の弟、まそらは、自閉症スペクトラム障害だ。 6月中旬に、まそらは澤口俊之先生の「教育相談」を受けた。その際、澤口先生より、秋から「数字カード法」に取り組むよう指示が出た。 そのため、「数」と、「数字」の読み書…

澤口俊之先生の「教育相談」を受けるため、東京へ家族でプチ旅行する 〜後編〜(「教育相談」についての記載はありません)

「人間性脳科学研究所」の所長を務めておられる澤口俊之先生の「教育相談」。こちらを受けるべく、家族4人で初めてのお泊まり旅行をした。 初日、東京到着後、4歳の双子弟、まそらは無事に「教育相談」を受けることができた。 翌日は、たいして時間の余裕は…

澤口俊之先生の「教育相談」を受けるため、東京へ家族でプチ旅行する 〜前編〜(「教育相談」についての記載はありません)

「人間性脳科学研究所」の所長を務めておられる澤口俊之先生の「教育相談」。こちらを受けるべく、家族4人で初めてのお泊まり旅行をした。 ちなみに、申し込んでいたのは、4歳の双子弟、まそらだけだったが、せっかくの東京なので、兄、まひろも連れて行くこ…

澤口俊之先生の「教育相談」を受ける

先日、突然、「人間性脳科学研究所」からメールが届いた。 我が家の双子弟、まそら(4歳)は、「自閉症スペクトラム障害」で、昨年(2018年)の9月8日にメールにて、澤口俊之先生の「教育相談」に応募していた。この「教育相談」の日程の連絡が、メールで届…

澤口俊之先生の「教育相談」に申し込む

先月末日、10月31日のことだ。澤口俊之先生の教育相談担当の方より、メールの返信があった。 澤口先生とは、ご存じの方も多いと思うが、「株式会社 人間性脳科学研究所」の所長であり、武蔵野学院大学の教授でもある方だ。我が家には、もう1年ほどテレビがな…