発達障害改善のため、病院にて「栄養療法」を受ける(2020年10月)

我が家の双子弟、まそら(年長児)は、自閉症スペクトラム障害だ。

 

川徳美先生の著書、

『薬に頼らず子どもの多動・学習障害をなくす方法』

を拝読し、

 

・低糖質

・高タンパク

・高脂質

ホエイプロテイン使用

サプリメント使用

 

を少しずつ開始し、取り組んできた。

しかしながら、色々と悩むことも出てたため、先月9月に栄養療法を行っている病院を初受診したのだった。

 

そして、先日、「一般血液検査」と、「遅延型アレルギー検査」、「ビタミンD検査」の結果が出たとのことで、2回目の診察と栄養指導を受けに出かけた。

 

 

●診察(2回目)

まずは、医師による診察から。

検査結果の説明がなされる。

以下、医師のお話。

 

・肝機能の数値が悪い。使用している市販のサプリメントが良くないのかも。現在使っているサプリメントは使用をやめ、医療用サプリメントを。

コレステロール値が高い。油を摂りすぎていないか。子どもでも動脈硬化になる。レシチン(脂質)はやめて、DHAに。

・フェリチン値は上がってきている。が、貯めてはいるものの、使える状態にはなっていない。ヘム鉄をすすめる。

ビタミンDが低値。腸の状態が悪い。まずは腸の状態の改善が必要。Dのサプリメントを開始。

・ビタミンCは服用量が多く、腸を荒らす可能性も。1日2000mgに減量(現在3000mg/day)。

カゼインが高反応。プロテイン含め、乳製品はやめる。

グルテンも高反応。小麦製品をやめる。

 

詳しくは、栄養士からお話を。

ということで、診察は10分ほどで終了となる。

 

 

●栄養士による栄養指導

続いて、部屋を移動し、栄養士さんによる栄養指導を受けた。

 

着席すると、いきなりサプリメントの説明が始まる。

前回受診時に、想定はしていたが、必要なサプリメントと、必要量と、お値段が、一覧表にて次々と説明されていく。

我が家の家計では、目を剥くお値段だ。

中でも、「乳酸菌」は1ヶ月分で1万円超え!

思わずたずねる。

「すべて合わせて、1ヶ月分でおいくらになりますか?」

さらりと、2万4千円超え(税別)の回答が返ってくる。

これをずっと継続?

無理でしょう。。。。。

 

「何か市販のもので換えられるものはないですか?」

とお聞きしてみたが、もちろん、「ない」とのこと。

医師に確認をとった上で、乳酸菌サプリメントのランクを下げるにとどまった(含まれる乳酸菌の個数が減る)。

何でも、質を下げる(=量が減る)と、改善が遅れるのだとか。

 

ビタミンCのみ、病院指定のものが、タブレットや顆粒、チュアブルで、いずれもまそらが飲めず、やむなく手持ちの市販品(カプセルタイプ)の継続で様子を見ることになった。

 

ちなみに、BやCがなぜ必要なのかという説明も、なぜその量が必要なのかという説明もない。

 

以下、栄養士さんのお話。

・よく食べるものが「遅延型アレルギー検査」では、高反応になりやすい。

・あまり食べないものでも反応が出るが、調味料などに含まれているケースが多い。

・高反応だからといって、必ずしも腸に害を及ぼすとは限らない。

カゼインタンパクとグルテンタンパクは腸を傷つけ、悪いものを取り込んでしまう(リーキガット症候群)。

・乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズ・プロテインなど)は、すべてやめる。

ホエイプロテインにもカゼインが混入することがあるのでやめる。

・麦製品(パン・麺・麦茶など)もやめる。

・食事における糖質の割合が高い(多いということではない)。

 *事前に4日分のまそらの食事表を提出

・肉は1食100gを目安に。

・肉を補いきれない場合は、おやつに卵や、おからクッキー、煮干し魚を。

 

 

私の質問に答えていただく形で、

・アルミ鍋は使わない。ホーロー、ステンレス製品を。

・フッ素コーティングは安全。

・鉄製フライパンなどの鉄は、人体は利用しにくい。

・お玉などの調理器具は、シリコン製のものを。

・卵は1日3個摂取可。コレステロール値に影響なし。

・緑茶のカフェインはさほど気にしなくてよい。

・カフェインが気になるなら、なた豆茶を。

・あまに油の積極摂取は不要。

・牛乳の代わりに豆乳を。

・干した魚は酸化されていてよくないのでは?との問いに、フリーズドライなら問題ない。

 

 

栄養指導は1時間ほどで終了となった。

栄養士さんのお顔の吹き出物と、指先のささくれが気になる。

エステティシャンのお肌が荒れていたり、美容師さんの髪がバサバサだったりすると、うーんと思う。

それと同じで、栄養士さんにも、うーんと思う。

 


●検査結果にて、異常値だったもの

☆一般血液検査

AST 49(基準値 8〜38、8月 44)

ALP 379(基準値38〜113、8月 1166)

LD 331(基準値124〜222、8月 314)

 

LDLコレステロール 175(基準値70〜139)

コレステロール 268(基準値130〜219、8月 221)

 

クレアチニン 0.35(基準値0.61〜1.04、8月 0.40)

尿酸 2.3(基準値3.6〜7.0、8月 2.7)

 

MCH 27.1(基準値28.0〜34.6、8月 22.8)

好中球 33.0(基準値44.0〜72.0)

 

 

☆遅延型アレルギー検査

カゼイン

119で、振り切れているとのこと。

 

・牛乳

140で、こちらも高反応。


f:id:rumraisinn:20201018214658j:imagef:id:rumraisinn:20201018214758j:image

 

ビタミンD検査

16.5(基準値 30.0以上)

 

 

●これから使用するサプリメント

・ヘム鉄(朝夕各2錠)

・ビタミンBコンプレックス プラス(朝夕各1錠)

・ビタミンC(手持ちの市販品を朝夕各1000mg)

ビタミンD(朝夕各1錠)

・uDHAミセル(夕1錠)

ラクトプライム・プラス(朝夕各1錠)


f:id:rumraisinn:20201018214421j:image

左から、ヘム鉄、ビタミンDラクトプライム・プラス(乳酸菌)。

 


f:id:rumraisinn:20201018214434j:image

左から、ビタミンBコンプレックス プラス、uDHAミセル。

 

 

f:id:rumraisinn:20201018214452j:image

パッケージの裏側。左から、ビタミンB、uDHAミセル。

 

 

 

●藤川徳美先生との相違点

本病院:医療用サプリメント推奨 ⇔ 藤川先生:市販品のサプリメント推奨

本病院:ヘム鉄 ⇔ 藤川先生:キレート鉄

本病院:DHA 単体⇔ 藤川先生:EPA/DHA 〉1 (EPAが多いものを)

本病院:ビタミンC2000mg ⇔ 藤川先生:3000mg

本病院:ビタミンD ⇔ 藤川先生:ATPブーストセットには含まれない

本病院:ビタミンE不使用 ⇔ 藤川先生:ATPブーストセットに含まれる

本病院:ナイアシン不使用 ⇔ 藤川先生:使用

本病院:プロテイン不使用 ⇔ 藤川先生:ホエイプロテイン使用

 

鉄について、本病院は、

キレート鉄は、通常とは異なるルートで吸収されるので、安全性は確立されていないが、

ヘム鉄は安全である

というような話だ。

 

藤川先生は、ブログにて、

ヘム鉄を服用していたら、フェリチンが上がる前に人生が終わってしまう

ヘム鉄をありがたがる医者は情報弱者と言われても仕方がない

といったようなことを書かれている。

 

 

●今後、根拠を求めたい事柄

次回以降の診察・指導において、何をもってそう言われるのか、根拠を求めていきたいことがいくつかある。

 

①卵は1日3個食べても良い。コレステロール値には影響しない。

②ヘム鉄が良い。キレート鉄は安全面に不安。

③肉を1食100g摂取。

④豆乳(イソフラボン)摂取を開始しても、現食生活では問題ない。

サプリメント服用理由と、服用量の根拠。レシチンは、肝機能を向上させると認識しているし、ビタミンBは1日1錠では少ないのではないかと思ってしまう。

⑥鉄と乳酸菌サプリメントについては、医薬品が存在するが、それでは駄目なのか。

 

いちいち確認していては、きっと面倒な患者だと思われるに違いない。

聞けるだろうか、私は。

 

 

●聞き忘れた事柄

①牛乳・ヨーグルト・チーズをやめて、カルシウムは何から摂取するのか

②ワクチンの害

ナイアシンアミドとビタミンE摂取

④ミネラルの摂取

 

 

●今回(2回目)の費用

診察:200円

自費診療:1,260円

栄養指導(再診):2,000円

栄養解析:4,500円

サプリメント(1ヶ月分):25,305円

今回の合計金額:33,265円

 

累計額(2020年9月〜):69,145円

 

 

 

■受診してみて

川徳美先生とは、かなり方針が異なる病院だ。

サプリメント指導については、完全に溝口徹先生の路線だと思う。

冊子まで渡される。f:id:rumraisinn:20201018214559j:image

 

冊子には、溝口先生が、「日本人専用のサプリメントが必要だ」と思われるに至った経緯と、

溝口先生の意向に沿ったサプリメントを、藤井祐介氏が開発していく過程が、漫画形式で描かれている。

 

溝口先生は、「子どもから高齢者まで、誰でも飲める小さくて高品質なサプリメント」を追い求めて「DUO」の開発に携わられたようだが、「誰でも」には「裕福な人なら」という条件がつくに違いない。

 

なお、藤川徳美先生は、ご自身のブログにて、

高額な医療用サプリメントの使用が、日本における栄養療法の普及を妨げている

と記載されている。

確かに、毎月3万円もかかっていては、誰でも利用できる医療には、そうそうならないのではないかと思う。

 

駐車場で、兄まひろと待っていた夫が言う。

「全部、外車。外車の人しか来なかった。」

そういう層がターゲットの病院なのだろう。

「もっとお安いサプリメントは?」なんて聞く人はいないに違いない。

 

To be,or not to be:that is the question.

究極の選択の際には、いつもシェイクスピアが出現してくる。

ことの次第は随分異なるが、「問題である」ことに変わりはない。

 

Trust it,or not.

一体、何を信じるべきなのか?

この病院にかかる以上は、この病院の方針に従わなければならない。

栄養療法の取り組みは、受診により、さらに一層、混迷を極めていく。

 

給食の問題もある。

高糖質で、低タンパクな園の給食。

牛乳と小麦についてだけでも、どうにかしなければならない。

が、書類提出をめぐり、なかなかスムーズには進まない。

 

考えること、調べること、しなければならないこと・・・。

限られた時間の中、色々なことが山積していくばかりだ。こなしきれない。もう私の小さな金魚鉢からは、水があふれ出しそうだ。

 

 

それにしても・・・、

お金がかかります。

とりあえず、はります。

アマゾンのリンク。

お買い物はコチラから。

 

 

 

 

 

 

 

発達の専門病院で診察を受けた(2020年10月)

先日、我が家の双子たち(年長児)が、発達の専門病院にて、定例の診察を受けた。

前回は、7月だった。

先にリハビリが終了した双子兄、まひろから診察となった。

 

 

●双子兄、まひろの診察

挨拶からスタート。

「こんにちは」

と先生。

 

次いで、質問が始まる。

内容はいつもだいたい同じだ。

「お名前は?」

正しく答える。

 

「何歳ですか?」

正しく答える。

 

「行っている幼稚園の名前は?」

正しく答える。

 

「幼稚園は楽しいですか?」

楽しいと答えた。

 

「何をして遊んでいますか?」

説明がわかりにくいが、一応答える。

 

「誰と遊びますか?」

何人かの名前をあげる。

 

「運動会はありましたか?」

あったと答えた。

 

「何をしましたか?」

だいたい正確に答える。

 

「目をいいと言うまでつぶっていてください」

できた。

 

「同じようにやってください(両手を裏に表にとヒラヒラ返す、キラキラ星の振り付けみたいに)」

できた。

 

「片足で立ってください(左右ともに確認)」

数秒、できた。

 

「指を先生と同じように動かしてください(親指と人差し指の指先をくっつけ、親指と中指の指先をくっつけ、親指と薬指の指先をくっつけ、親指と小指の指先をくっつける)」

両手ともに、できた。

 

「これ(じゃんけんのグー・チョキ・パー)は何?」

それぞれ、正しく答える。

 

「グーとパー、どっちが強い?グーとチョキ、どっちが強い?」

正しく答える。

 

ここで、まひろのチェックは終了。診察室のおもちゃで遊ぶ時間となる。

次いで、私とのお話タイム。

 

医師より、

「就学相談はどうでしたか?」

と聞かれる。

 

就学相談では、新版K式検査が行われた。

結果については、

凹凸が見られたが、概ね標準。

絵の説明が弱い、すなわち言語能力が低いので、すぐに暴力に訴えるのだろう。

模倣(図と同じものを作る)が苦手だが、やり方を実際に見て、理解すればできるようになる。

と、心理士さんより言われたことを伝えた。

 

医師からは、

2年前とは別人のよう(に成長した)

普通級でいけるでしょう

と、言われる。

 

「何か気になることは?」

と言われたので、いつもと同様、

暴力と暴言がひどいことを伝える。

 

 

兄まひろについての話がすむと、続いて、弟まそらの診察が始まる。

●双子弟、まそらの診察

本人は、作業療法のリハビリ中で不在。

医師から質問を受ける。

「最近の様子は?」

運動会で、昨年と比べ成長が見られたことを伝える。

次いで、呼びかけに反応しないことと、

複数の指示を同時に出すとできないことを伝えた。

 

この時点で、リハビリが終了したまそらが、診察室に連れられてくる。

以下、医師とまそらのやりとり。

 

まそらは、診察室の時計が気になるようで、終始時計を見ながら答えていた。

「こんにちは」から開始。

次いで、質問が始まる。

「お名前は?」

正しく答える。

 

「何歳ですか?」

正しく答える。

 

「幼稚園の名前は?」

正しく答える。

 

「幼稚園は楽しいですか?」

楽しいと答えた。

 

「何をして遊びますか?」

わかりにくいものの、答えた。

 

「誰と遊びますか?」

まひろが、口を出してきて、結局うやむやになる。おそらく、誰とも遊んではいない。

 

「運動会は何をしましたか?」

まひろに助けられつつ、答える。

 

「目をいいと言うまでつぶってください」

できた。

 

「先生の指を見てください(途中、道具に変える)」

医師がまそらの顔の前で、左右にゆっくり道具を移動させる。まそらは、何とか目で追う。


「片足で立ってください(左右ともに確認)」

数秒、できた。

 

「右手を上げて、左手を上げて、右手で左耳を触ってください」

最初は間違える。再度言われて、考えながら何とかできた。

 

「じゃんけんはわかりますか?最初はグー、

じやんけんぽん。勝ったのはどっち?」

正しく答える。

 

まそらのチェックは、これで終了。

私とのお話タイムとなる。

医師より質問がなされる

「就学検査はありましたか?」

まだ、実施されていない旨を答える。

 

以下、医師からのお話。

双子はできる限り一緒にとは思うが、まそら君は支援級になるかな・・・。

1年生は何とか頑張れても、2年生になると厳しくなるかも。

小さな差(ぼんやりしていることによる)が積み重なって、差が大きく開いていく。

その結果、授業もわからなくなる。

が、勉強ができるできないは重要ではなく、学校が楽しい場であり、不登校にならないことが大事。

不登校になったら、大変なんですよ、お母さん。

とのこと。

 

「気になることは?」

と聞かれたので、

呼びかけても、相変わらず反応がない。

園の先生より、

最近、イライラしている。怒ってものを壊した

と、報告があったことを伝える。

思い当たる原因として、食事をはやく終えるよう、最近かなり厳しく接しているため、ストレスになっているのかもしれないと添えた。

「それが原因とは限りませんが、厳しくしすぎると逆効果ですよ」と医師。

 

最後に、医師から聞かれる。

「栄養指導を受けられたとか?」

心理士さんによるカウンセリング時に、少し栄養療法のお話をしたことが、医師に伝わっているようだった。

まだ、初診で検査を受けたのみだと答えた。

 

医師は、

栄養療法は専門外でわからないと前置きをされた上で、

リハビリが認知されたスタンダードな方法であり、栄養療法はマイナーである。

医学的根拠は示されていない。

そればかりにはならないように。

当院でも、栄養療法を受けている人は何人かいる。

発語がないなど、もっと重度のお子さんが受けられている。

あまり教えてくれないので、どこの病院かや治療内容は不明。

経過を教えてほしい。

とおっしゃった。

 

藤川先生は、ブログにて、

医者に栄養の話をしてはいけない

などと書いておられるが、双子の担当医は、そこまで頭ごなしの否定はなく、柔軟な方のようだ。

 

さて、、、

まそらは、療育手帳は適応を外れたものの「支援級」の方向に向かいつつある。

知的な遅れは、あるのかないのか、何なのか。

親としては、「ある」とはっきり思う。

療育手帳の「知的な遅れがない」という基準は、適切なものなのだろうか。

現実として、支援が必要な状況であるのに。

 

 

目一杯なこの頃。

澤口俊之先生の教育相談(数字カード法)、

川徳美先生の栄養療法、

病院での栄養療法、

リハビリに、

行事に、

日々の学習に、

就学に、

引っ越しに、

・・・・・

 

最近、うっかりなミスが増えた。

気をつけようにも気をつけられない。 

キャパオーバーだ。

時間に追われるのに、

1日が長い。

1週間が長い。

 

異常な生活、異常な毎日。

いつ終わるともしれず、

すり減っていく。

楽しいこともない。

 

今年ももう残り少ない。

密かな目標。

美容室に行く(最後に行ってから、おそらく、もうすぐ3年が経過)。

果たして、達成できるだろうか?

 

頑張れよ!私!!

年長児、最後の運動会のこと

先日、園生活最後の運動会が行われた。

我が家の双子は、年長さん。

弟まそらは、自閉症スペクトラム障害だ。

 

 

過去の運動会を振り返ってみる。

●年少児の運動会(2018年)

年少児だった一昨年は、、、

2人とも、何ひとつまともにできた種目はなかった。

が、他のお子さんも似たりよったりで、弟まそらが特別目立つというようなことはなかった。

 

●年中児の運動会(2019年)

年中児だった昨年は、、、

まそらは、入場行進もせず(他の場所で加配教諭と遊ぶ)、

ダンスもせず(他の場所で加配教諭と遊ぶ)、

やっと連れられて来て参加したリレーは、バトンを持ったまま園庭を縦横無尽に走り回り、

障害物競争のみ、加配の先生に手とり足取り助けてもらい、何とか参加。

 

他のお子さんとの差は歴然としており、厳しい現実に唇をかんだ。

 

 

そして、今年(2020年)は・・・。

●年長児の運動会(2020年)

新型コロナ対策のため、学年別で行われた。

私としては、お弁当いらずで、拘束時間も短く、とても負担の少ない運動会だった。

 

どうなるだろうかと、ドキドキの今年。

まずは、開会式。

ちなみに、入場行進は行われなかった。

まそらは、何度か大きな声で独り言を言って目立ちはしたものの、加配の先生のサポートの下、みんなと同じ行動をとることができていた。

 

嘘でしょう・・・。

これは現実ですか?

 

続いてのダンスも、自分のいるべき場所で、さほどできていないものの踊ってはいる。

鉄棒の前回りも、自分の番になるときちんと披露した。

リレーも、バトンを受け取り、コースを走り、次の子にちゃんと渡した。

 

ひとつひとつの事柄に、いちいち泣いてしまいそうになる。

 

できてあたりまえのことが、

できる。

ただ、それだけのことが、こんなにも胸にくるとは。

 

障害の「改善」なのか、「成長」なのかは、わからない。どちらでも構わないことだ。

彼は、ゆっくりかもしれないが、伸びている。

それでよいのだ。

 

 

先生方の日頃のご苦労を思う。

まそらをここまで到達させるのは、どんなに大変なことだっただろう。

根気強く日々指導してくださったに違いない。

 

帰りにお礼を言いに行く。

「もうばっちりでしたね!よく頑張りました。いっぱい褒めてあげてください」

と笑顔の先生。

本当に感謝しかない。

 

次の運動会は、もう小学生だ。

どうなっているのか想像もできない。

でも、楽しみにしつつ、また日々、ひとつひとつ積み重ねていこうと思う。