双子弟、血液検査。コレステロール値はいかに?

我が家の双子弟、まそらは、年長児。自閉症スペクトラム障害だ。

昨年(2020年)の9月より、病院にて栄養療法を受けるようになった。

きっかけは、川徳美先生の著書、

『薬に頼らず子どもの多動・学習障害をなくす方法』

を拝読したことによる。

 

●2月、栄養療法の病院での血液検査結果に驚く

今年、1月に、栄養療法の病院にて、2回目の血液検査を受けたのだが、「総コレステロール値」と「LDLコレステロール値」の高さに目を剥くことになった。

 

コレステロール値:366

LDLコレステロール計算値:248

 

366って何?

結果を知った2月より、食生活を自分なりに見直し(栄養療法を受けているにもかかわらず)、サプリメント服用を含め、自分で言うのも何だが、かなり頑張ってきた。

 

頑張ってきたその具体的内容は、

①脂質の少ない鶏胸肉を活用:約100g/day

②脂質の少ない魚肉を活用:約70g/day

③卵の減量:3個/day→2個/day

④米の減量:朝食80g→70g(夜は、与えない)

⑤肝機能に好影響を及ぼすサプリメントの再開:レシチン1200mg×2/day、ビタミンE400IU/day

⑥夜のナイアシンアミドをやめ、肝機能に好影響を及ぼすナイアシンの使用を少量から開始:100mg/dayから始め、現在200mg/day

となっている。

 

ただし、2月上旬から3月中旬頃まで、まそらは体調不良が続き、思っているような食事が、なかなか摂れなかったことを明記しておく。

 

不調続きではあったものの、食事改善に取り組むこと約1ヶ月。近所のかかりつけの病院にて血液検査を依頼する。

 

結果は、以下の通りだ。

前回(1月)に異常値だった項目について、記載しておく。

なお、比較のため、双子兄、まひろのデータも併せて掲載する。

 

 

●血液検査結果(3月)

アルブミン(基準値:3.8~5.3)

 まそら、データなし(2021年1月 5.8↑、2020年9月 5.2、2月 4.5)

 まひろ、データなし

 

AST( 基準値:8~38)

 まそら39↑ 改善(2021年1月 52↑、2020年9月 49↑、2月 45↑)

 まひろ37(2021年1月 36、2020年2月 57↑)

 

LDH ( 基準値:124~222)

 まそら274↑ 改善(2021年1月 339↑、2020年9月 331↑、2月 272↑)

 まひろ237(2021年1月 197、2020年2月 296↑)

 

ALP( 基準値:38~113)

 まそら1006↑(2021年1月 405↑、2020年9月 379↑、2月 873↑)

 まひろ1078↑(2021年1月 935↑、2020年2月 687↑)

 

クレアチニン( 基準値:0.61~1.04)

 まそら0.95 改善(2021年1月 0.31↓、2020年9月 0.35↓、2月 0.39↓)

 まひろ0.66(2021年1月 0.34↓、2020年2月 0.37↓)

 

コレステロール ( 基準値:130~219)

 まそら256↑ 改善(2021年1月 366↑、2020年9月 268↑、2月 255↑)

 まひろ219(2021年1月 213、2020年8月 正常値、2月 229↑)

 

HDLコレステロール( 基準値:40~77)

 まそら64(2021年1月 95↑、2020年9月 72、2月 51)

 まひろ73(2021年1月 74、2020年2月 48)

 

LDLコレステロール計算( 基準値:70~139)

 まそら142↑ 改善(2021年1月 248↑、2020年9月 175↑、2月 192↑)

 まひろ122(2021年1月 131、2020年2月 168↑)

 

 

前回、異常値ではなかったが、

フェリチン(鉄不足の指標)と

BUN(タンパク質不足の指標)

についても記載しておく。

 

フェリチン(基準値:13~277)

 まそら141.9(2021年1月 93、2020年9月 55、8月 34.1)

 まひろ325.2

 

BUN(基準値:8.0~20.0)

 まそら20.3(2021年1月 16.0、2020年9月 14.7、2月 13.9)

 まひろ22.0

 

 

●血液検査結果についての考察

異常値ではあるものの、軒並み改善している。

ALPは、より高値になっているが、成長期の子どもは高値になるものらしい。

危惧していた総コレステロール値も、LDLコレステロール値も、100以上、値を下げた。

 

フェリチンについては、弟まそらが、141.9で、藤川先生が目標として設定されている150は目前となった。そろそろ、鉄のサプリメントの減らし方を検討する必要がありそうだ。来月の栄養療法の病院受診時に相談しなければならないと思う。

また、兄まひろが、325.2と目標の150を大きく上回った。

こちらは、かかりつけの医師より、

「フェリチンを高くしすぎると、フェリチンが高値になる病気の判定が困難になる。鉄が蓄積されすぎると、Wash outに時間がかかりすぎてしまう」

と指摘を受ける。

 

兄まひろは、キレート鉄を36mg×3/day使用してきた。当初、高値になった場合は、1錠ないしは2錠に減量しようと考えていたが、かかりつけの医師の指摘を受け、しばらく中止することにした。

今後の検査結果で150を下回ってくれば、再開を検討することにする。

 

BUNについては、2人とも藤川先生が目標とされている20のラインに乗った。

弟まそらは、乳製品をやめるのと同時に、プロテインをやめているが、やめていない兄まひろもプロテインを減量することにする。

ひとまず、24g/dayを20g/dayに減らし、今後の血液検査で、数値の変化を確認していく。

 

フェリチンとBUNについては、問題ない数値となり、鉄不足とタンパク質不足は一応の解決を見た形だ。

コレステロール値の改善も併せ、ひとまずやれやれと思う。

病院からの帰り、思わず長い息を吐いた。

 

コレステロール値については、今後も気を緩めず、食事に気を配っていく。

この1ヶ月、ほぼ毎日、双子は、鶏胸ミンチと魚肉を食べ続けてきた。かわいそうだが、まだ、当分続きそうだ。何とか料理のレパートリーを増やしたいと思うが・・・。

母ももう、ちょっと限界な感じだ。

申し訳ない、双子よ。。。

 

 

●鉄とタンパク質は改善したが・・・

まそらの、鉄不足とタンパク質不足は、概ね改善をみたわけだが・・・、

ここで、

まそらの自閉症は改善したか?

ということが問題になる。

うーん、、、という感じ。

残念ながら、目立った変化は感じられない。

 

藤川先生は、ブログにて、

「ある日、スイッチが入ったように劇的に改善する」

と書いておられる。

 

そんな日は、

来るのだろうか???

 

 

●鶏胸ミンチと魚の料理紹介

☆鶏胸ミンチのハンバーグ
f:id:rumraisinn:20210326153906j:image

 

☆タラのキャンディ包み

クッキングシートの上に置いて、f:id:rumraisinn:20210322105848j:image

 

包んで、

f:id:rumraisinn:20210322105854j:image

 

蒸して、完成。

f:id:rumraisinn:20210322105918j:image

 

☆タラのムニエル(小麦粉ではなく片栗粉使用)
f:id:rumraisinn:20210322105930j:image

 

 

ナイアシン 

ナイアシンは、ありとあらゆる代謝に関与し、脳によいだけでなく、肝臓にもよい。

現在、まそらが使用している「ナイアシン」はSOLARAYの製品だ。

少し前より、NOWの製品は可能な限り使わないようにしている。フタが開いて届いたり、カプセルから中身が出ていたり、錠剤が粉々だったり・・・。なんとなくだが、品質に不安をおぼえる。

 

夕食後に100mg服用した限りでは、フラッシュは生じなかった。200mgでも今のところ問題はない。徐々に増量し、ひとまずは、500mg/夕食後 を目指す。

 

 

 

 

双子、初めて賃金を得る

●次々と色々欲しがる双子

お店にて、子どもが、

「○○を買ってー!」

と、駄々をこねているのは、よく見る光景だ。

 

我が家の場合、

「今、お財布にお金がありません」

などと言ってやり過ごしていたのだが、このところ、本当にお金がないのであった。

子どもの発達障害改善のために、なにかと費用がかかるためである。本当にかかりすぎだ。

 

そんな状況である中、双子弟、まそらが「キッチンタイマー」が欲しいと執拗に訴えてくるようになった。

彼は、カチカチと数をカウントする「カウンター」や、「時計」など、「数」に関するものをよく欲しがる。

ちなみに、計算が得意かというと、そんなことはないのである。

 

先日100円ショップに行った際も、「タイマーを買って」と何度も言ってくる。

しかし、買ったところで、すぐに飽きるのは目に見えている。

 

そして、いつも通り、

「お金がありません。」

と言い、更に、

「そんなに欲しいなら、仕事をして、自分で買いなさい!」

と言うに至ったのである。

 

そんなこんなで、トミカが欲しい兄まひろと共に、双子はそろって、

「お仕事がしたい」

と言うようになった。

 

お仕事・・・。

お金を得る大変さを知れば、物を大事にできるようになるだろうと思うので、早い段階からアルバイトなどは経験させたいと考えている。

働けば、責任感や金銭感覚、対人スキルなども養われることだろう。

 

ただ、お仕事は、家でのお手伝いとは違う。家庭内において掃除や皿洗いなどの役割を担うことは、家族の一員として当然のことであり、賃金をもらう「仕事」とは異なると私は考えている。

 

そこで、

「おじいちゃんにお仕事がないか聞いてみようか?」

ということになり、父に、

「孫に仕事を与えてやってください。自分でおもちゃを買いたいらしいです。」

と電話をしてみた。

 

父は言う。

「そうか。もうすぐ小学生だしね。いくら欲しいんだ?」

「100円。掃除などをやらせてください。」

「100円は安いなあ。」

「そんなに簡単にお金が稼げると思ってもらっては困るので、100円で充分です。」

 

などと、やり取りがあり、双子は実家で「お仕事」をすることになった。

「おじいちゃんのお家で、お掃除したら、100円くれるんだって!」

と伝えると、

兄まひろは、

「100円じゃトミカは買えないならやらなーい。」

と言う。

「4回やって貯めておけば400円になるから買えるんじゃない?」

と伝えると、やる気になった。

 

一方、弟まそらは、100円ショップの「キッチンタイマー」が欲しいのだが、100円ショップの商品を買うには、実は110円必要だと言うことを知り、足りない10円を気にしだした。

 

 

●双子、働く

私の用事にて、実家に向かう当日。

ウキウキと張り切る双子。

掃除道具も持参する。

 

夫によれば、私が実家で用事を済ませている間に、双子は廊下やら部屋やらを掃除していたらしい。

気配から察するに、兄まひろが特に頑張っている様子だった。弟まそらは、うーん・・・というところか?気配なのでよくはわからない。

 

彼らの掃除が終わって、私がチェックと仕上げを済ませる。

終わるやいなや、双子が父にちゃっかり言う。

「110円ください!」

え?10円多いではないか。

 

「ちょっと待てーーっ!」

と思ったが、父はニコニコと110円を渡している。

まったく、孫の言いなりだ。

 

これは、いかん!と、

「あなたたち、10円分、何かしなさい。そうだ、おじいちゃんにダンスを見せてあげて。」

と、最近園で踊っているらしいNiziUの「Make you happy」をスマホから流して踊らせて、10円の超過を大目に見ることにした。

 

初のお駄賃をもらい、ご機嫌の双子は、ご機嫌に踊る。

当然、2人が踊っている姿は大層可愛らしいので、父はすっかり目尻が下がって、床にくっつきそうなくらいだ。

10円、まあ、よしとするか。

 

 

●双子、買い物へ

翌日、さっそく、100円ショップに行き、弟まそらは「キッチンタイマー」を購入。レジにて、自分でお金を払う。

トミカが欲しかったはずの兄まひろも、結局100円ショップでミニカーを買った。

f:id:rumraisinn:20210320090218j:image

 

ふと思い出す。

園児が、

「そのマシュマロを1つあげるけど、(実験者が)帰ってくるまで待っていられたら、もう1つあげるよ」

と言われて、待てた子どもは、そうでなかった子より、その後の学業成績が優秀だったと言う話。

 

何で教わったのだったかな?

大学の一般教養の心理学あたりだろうか?

目先の益に捕われず、より大きな益のために我慢できるか否か。自制心が問われているようなのだが、兄まひろのことが気にかかる。

 

弟まそらは、元々「キッチンタイマー」が欲しかったのでよいのだが、まひろは4回「お仕事」をして、400円に収まる値段のトミカを買うつもりだったのでは?

4月より小学生。

将来の学業成績は大丈夫か、まひろよ。

 

ところで、、、

こばと教材出版さんの素晴らしい教材、

「中級編ジャンプアップ とけい・おかね・カレンダー」

は、「おかね」の箇所をやり残している。

鉄は熱いうちに・・・、やるなら今だ。

だが、タイミング悪く「数字カード」の取り組みのため、その時間は捻出できない。

残念。

残念すぎる。。。

 

 

 

 

 

 

「数字カード法(澤口式育脳法)」 3回目のチャレンジ(1ヶ月目)

2019年6月に澤口俊之先生「教育相談」を受けた双子弟、まそら(自閉症スペクトラム障害)。

 

澤口先生のアドバイスに従い、2019年11月〜2020年2月の3ヶ月間、「数字カード法(澤口式育脳法)」に取り組んできた。

が、後に、やり方が誤っていたことが判明。

5月5日より取り組みを再開し、「記号カード」も併用しながら、3ヶ月間取り組んた。

が、目標枚数(5〜6枚)に届かず、半年後の2月5日より、3回目の挑戦を開始している。

 

メインは、双子弟、まそら(年長児)になるが、兄まひろにも取り組ませている。

現在、弟まそらが「5枚」に、兄まひろが「6枚」に取り組んでいるところだ。

 

主に、弟まそらの1ヶ月目の取り組み状況を以下に記す。

なお、今回は、「記号カード」は使用していない。

●取り組み状況(3回目のチャレンジ、1ヶ月目)

《弟まそらの正答率》

1日目(2月5日) 4枚︰45%

2日目 60%

3日目 80%

4日目 70%

5日目 60%

6日目 80%

7日目 90%

8日目(この日以降、5枚での結果) 60%

9日目 60%

10日目 75%

11日目 40%

12日目 50%

13日目 60%

14日目 90%

15日目 75%

16日目 80%

17日目 55%

18日目 75%

19日目 85%

20日目 70%

21日目 70%

22日目 90%

23日目 35%

24日目 40%

25日目 65%

26日目 75%

27日目 55%

28日目(3月4日) 90%

 

 

細かくて申し訳ないが、この1ヶ月間のまそらは、

5枚が、最高で90%、

最低で35%

の正答率だった。

ちなみに、「数字カード」は可能な範囲で、朝夕1日2回取り組んでいるが、上記のデータは「朝」のものだ。

 

一方、兄まひろは・・・。

こちらは詳細は省略するが、今回、6枚から取り組んでおり、

最高で85%、

最低で35%

の正答率だった。

平均的に見るならば、50〜70%をウロウロしている感じだ。

 

 

●3回目のチャレンジで思うこと

4枚を覚えることができなかった前回。今回は何とか5枚へ進むことができた。

時間の経過に伴う脳の「成長」によるものなのか、日々の取り組みの成果としての「改善」によるものなのかは不明だ。

何による進歩なのかは、大抵いつもよくわからない。

 

そして、今、弟まそらは5枚に苦戦し続けている。6枚は見えそうで、見えてこない。

ふとした折に、90%の正答率を出すが、これはきっと偶然ではないと思う。

何かが彼の頭を「冴え」させているのだ。それは一体何なのか?

 

食事が数字カードの取り組みに与える影響を初回の時点で感じている。

何かを摂取することではなく、何かを摂取しないことが鍵を握るように思うのだが、突き止めることができない。

 

不思議なことだが、体調を崩し、食欲がなく、低栄養状態になったときの方がむしろよい結果となる。

そして、体調が悪くて食欲がないとき、好きな物を、食べられる物を食べなさいと、彼が好きな「ちらし寿司」を普段では考えられない量食べさせたりすると、がくんとカードの正答率が下がるのだ。米はやはり良くないのだろうか?それともただの偶然だろうか?

 

はっきりと言えるのは、数字カードの正答率のアップダウンは確実に何かの影響を受けているということだ。

彼のやる気の有無などではない。その時の「脳」のコンディションによるのだと思う。

・食事

・睡眠

・運動

・・・・・etc。

一体、何だろう???

 

 

 

f:id:rumraisinn:20200301120620j:plain

 

rumraisinn.hatenablog.com

 

 

rumraisinn.hatenablog.com