浄水器「クリンスイ」使用開始

私は「水道水」で育った。

住んだ地域によっては、「まずい」所もあった。が、「水道水」が危険だと考えたことはあまりない。

 

「日本の水は安全安心。生で飲める」

 

住んでみて、生水を飲まなかった地域もあったが、「水道水」には、一応、そうした根拠のない信頼があった。

ただ、「トリハロメタン」の名前はかなり前から知ってはいた。

本当かどうかは知らないが、「早朝に増加する」とも。

 

子育てをするようになり、「水道水」の安全性が気になるようになった。

色々と本を読む中で、「トリハロメタン」以外にも、「鉛」や、「農薬」、「アルミニウム」などの混入リスクがあると知る。

 

そこで、先日、ようやく重い腰を上げた。

まずは、いくつか候補を考える。

 

●どのような「水」を選ぶか

①スーパーの無料の水

大抵のスーパーでは、専用ボトルを購入すれば、無料で水を持ち帰ることができる。

この無料の水は、大きく分けて2タイプある。

 

スーパーA:アルカリイオン水

どの程度のpHかは明らかにされていない。

この水はとりあえず不可だ。

 

ある書籍によれば、

「胃の中のpHをむやみに上げるのはよくない」

といったことが書かれている。

 

当然と言えば当然だ。

アルカリ性の物質は、胃酸を中和させる。

幼児の場合は、消化に影響を及ぼしかねないので、使用は不適切だ。

 

スーパーB:RO水(純水)

こちらは、RO膜を通して浄水し、純度100%の水にしてしまう。ミネラルも残らない。

これは困る。不足しがちなミネラルの摂取量がさらに減ってしまう。

不可だ。

 

ウォーターサーバー

まず、置く場所がない。在庫を常に意識しなければならなず、性格的に不向きだ。

従って、不可。

 

浄水器

消去法により、結局、浄水器を使用することに決めた。

近くの電気屋さんに見に行く。

 

ちなみに、我が家は、形状の問題で、蛇口に取りつけるタイプは使用できない。

 

ポットタイプが現実的に思われたが、どこのメーカーの物がよいのか製品を見比べる。

結局、ミネラルを残しつつ、15物質を除去できる「三菱ケミカル クリンスイ株式会社」の「クリンスイ」を選択した。

 

決まったものの、次は、サイズに迷う。

冷蔵庫のドアポケットに入る容量少なめの物から、庫内に横置きできる物など、いくつか種類があった。

しかし、我が家の冷蔵庫には、ポットを置くような余裕はない。

 

水が必要なときに、その都度浄水することを前提に、大きめの2.2Lタイプ、「クリンスイCP407」を購入した。f:id:rumraisinn:20200419221647j:image

 

お値段、3,598円。

カートリッジもひとつ買っておく。交換目安は、3ヵ月だ。

カートリッジ単体のお値段は、3,269円。

 

浄水器を使用するのは、

まずは、ポット(2.2L)で沸かすお湯用。

次に、煮物などの料理用。

そして、炊飯用(5合)

が、主だ。

何かにつけ、2.2Lが便利そうだと感じた。

 

●「クリンスイ」を使ってみる

クリンスイ」は、いきなりは使えない。

まずは、使用前に、水道水をポットの2/3の高さまで注ぎ入れる。次いで、カートリッジを取りつけたリザーバータンクをポット本体にセット。そのまま20分以上置いてから、水を捨てる。

f:id:rumraisinn:20200419222040j:image

 

そして、普通に浄水すること3回。f:id:rumraisinn:20200419222108j:image

やっと使えるようになる。

2回浄水すれば、2.2Lをポット内に貯めることができる。

リザーバータンクに注いだ水道水の全量が、カートリッジを通過するのに要する時間は8分ほどだ。

 

翌日より、使用開始。

ポットでお湯を沸かしたり、お米を炊いたり。

安心なような、そうでもないような・・・。

本当に浄水できているのかは確かめようもなく、疑念も残るがどうしようもない。

 

発達障害の子どもを育てるようになって、

「疑い深くなった」

と思う。

ワクチンの安全性も、食事における厚生労働省の推奨量も、今となっては疑問符だらけだ。

が、ひとまず「クリンスイ」の性能を信じて使っていくことにする。

 

 

●本記事に全く関係ないが、今日の買い物

不急だが、不要ではない?買い物に出かけた。

 

①オリーブオイル

最近、オリーブオイルの使用量が半端ない。鉄製フライパンを使うようになり、以前より使う量がかなり増えた。

オリーブオイル・・・。

そんなに安いものではない。

困ったわ〜、と思う中、今日、普段行かないスーパーにたまたま入った。

 

味の素のオリーブオイル(200g)が198円!

えーっ!!!

「本日限り、お一人様2本まで」

との文字が。

 

夫がいたので、迷わず4本購入。

普段行くスーパーなら、328円だ。

ラッキーすぎる!

日頃の行い(もちろん私の)に違いない。

素知らぬ顔をして、もう1度レジに並びたいくらいだった。

f:id:rumraisinn:20200419222141j:image

 

②のり用パンチ

先日、園の行事で、双子にお弁当を持たせた。

帰宅して、まそらが言う。

 

「みんな顔だった。まそら君も顔がいい」

 

何のことかとよくよく聞いてみると、どうやら、他のお子さんたちのお弁当の「おにぎり」が、海苔やゴマで「顔」になっていて、自分もそれがいいということのようだ。

 

自閉症スペクトラム障害の彼が、他人のお弁当に関心を持つようになったことにも、それを自分にもと望むことにも驚く。

面倒だなと思う反面、嬉しく思う。

彼が、自分以外の周囲に関心を向ける。

些細なことが、自閉症育児では嬉しい。

 

我が家は月に5〜6回はお弁当を作る。

ちょっとしたことを見逃してはいけない。

早速100円ショップへ出かけ、今まで見たことがないような、間隔を開けた長蛇の列に並ぶ。

f:id:rumraisinn:20200419222213j:image

 

次回のお弁当。

まそらはどんな顔をするだろうか?